FC2ブログ
BLOG TOP
| 2018/12 |
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

K/B修復に鉛筆使用は断念しました(^^; :【電子回路】 2017/12/21
2017.12.22追記:残念なんだけど、今朝LinuxBoxをサスペンドから起こしてみたらK/Bはお寝んねしたまま目覚めることはありませんでした。室温が低いのでそのせいか、CPU切替器の電圧が下がってるせいなのか、と母艦の電源も入れてみたんだけど症状は改善せず。ということで中古K/Bを探しに・・・えへへ、部屋の中に箱に入れたほぼ新品のK/Bが転がしてありました。当時の値札ラベルが1,980円でした。いつ買ったのかもう記憶にありません。取り出したK/BにはちゃんとWindowsキーがあるんだよね。ピンチヒッターのはさらに古いと見えてWindowsキーがなかったのでした。なのでちょっと不満があったんだよね。いま新しいK/Bで追記してるんだけど、ちょっと打鍵感が重めなので違和感がありますわ。
以上、追記おわり。指が鍛えられそう(^^;。


いよいよ年も押し詰まって最後の有馬記念がもうすぐですね(^^;。一応修復完了したK/Bでこの記事書いてます。といっても完全かどうかは明日サスペンドから復帰して無事K/Bが目をさますかどうかなんだけどね。

K/Bを分解してネジが一杯のメンブレンを押えている鉄板を取り外して構造を見てみました。それまではテンキーが使えなくなっていたので、メンブレンと制御基板のコネクタ周りが怪しいんじゃないかと調べてみたんだけど、何とコネクタじゃなく制御基板の裏側の端子に黒い導電塗料?が塗られていてメンブレンの端子に押し付けて接触させる構造でした。なので接触抵抗を下げようとできるだけB数の大きな鉛筆を探してみたんだけど、ご近所の文房具屋さんでは4Bまでしか売られてませんでした。1本60円也。

早速削り出して紙にタップリ塗りつけて抵抗値を測って見ました。

20171221E1486撮影の1
右が三菱鉛筆の4Bです。下のメモ用紙にかなりこく塗りつけています。

実際は厚み方向の抵抗値が知りたいんだけどそれは無理なので横方向の抵抗値を調べてみました。そうしたらガーン(笑・・・

20171221E1486撮影の2
これ左手で頼りない押付なので12KΩ以上の値がでています。

テスターの抵抗レンジは20KΩです。実際は右手で充分接触させると1.5KΩ台まで下がるんだけど、それでも高すぎて下手に導電塗料に塗りつけると事態を悪化させるかもと使用を断念しました。

ま、何とか押し付け圧を確保するしかないようですね。

20171221E1486撮影の3
それではと、鉛筆の芯自体はどれ位の抵抗値か測ってみました。

これも左手でちょっと怪しい押さえ付け具合なんだけど、鉛筆の芯の両側で測ってみると最低レンジの200Ωで4.2Ωとなりました。右手でしっかり押さえ付けると2Ω台まで下がるんだけどね。

鉛筆の芯見たいに密度がギッシリあると結構低抵抗値なんだけど、紙に塗りつけると結構隙間が出来る様ですね。

で、一旦K/Bを組み立て直して様子をみたらテンキーも何とか動作していたので、ピンチヒッターのK/Bに代えてこれで試してみたんだけど2日で起動しなくなりました。原因は慌てて組み立てたのでPS/2の太いケーブルを本来の位置じゃなくメンブレン部に挟み込んじゃってたのでした。なのでもう一度カバーを外し本来の位置に納め、念のためにいつも抜けかける太めの黒いグランドラインを他のケーブルと一緒にグルーガンで固定しちゃいました。

今日で2日目なんだけど、何とか無事起動しています。本当は分解した時、ついでにもう長いこと使ってるので2本の電解コンも取り替えようかと、容量を調べてみました。1本は22μ16V品で他方はよく読み取れなかったんだけどどうやら4.7μ50V品のようです。ともにちっこいコンデンサなのでご近所に代替品はあるか心配だったんだけど今のところ無事動作してるので交換は次不調になった時に考えますわ。

テンキーの0と.とgとhがちょっと入りにくかったんだけど、今のところ何とか動作しています。要するに配線経路が長くなるとその分経路抵抗で微妙にローと判定できる電圧にまで落ちないんだろうと思っています。全ては制御基板とメンブレン部の接続抵抗に掛かってる訳ですね。

どこかで、中古のPS/2キーボード探した方が早かったりして(^^;。

では、また!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://amcmain1.blog84.fc2.com/tb.php/1204-74cb02c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amcmain1

Author:amcmain1
 競馬ファンの皆様
 ようこそ!
amcmain1ことダメ親爺です。
当ブログでは予想行為は行いませんが、
統計データを提供することで、勝馬予想のお役に立てれば幸いです。

現在時刻

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

天気予報


     -天気予報コム-

アクセスをお待ちしています!

アクセス数が増加すると、ブログにも力が入ります!よろしくお願いいたします。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる