BLOG TOP
| 2018/07 |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

UBUNTU18.04ナイトリービルドにVMPLAYERインストールを試す(^^; :【電子回路】 2018/02/26
追記したのがあるので下の方も見てね(^^;。

昨日は床に転がしたUBUNTU17.10Boxを起動して更新が来てないかチェックしたら予想通り更新が来てました。そういうことでUBUNTU18.04にVMWARE PLAYERインストールテストは本日に延期です。

さて早速セットアップして、これが面倒いんだよね、VMPLAYERの最新版を落としました。Linux 64bit版ですね。

20180226E1486撮影の1
ストロボオフなのでちょっとブレ気味なんだけど、その分CPUクーラーのファンの回転はよく判るでしょ。

今回は忘れず黄色のLANケーブルを接続しています(^^;。

Screenshot from 2018-02-26 18-19-27-1
パッケージのインストールは問題なく出来たんだけど、いざ起動すると早速エラーです。

upadate dbやってlocate gccでそれらしき在り処を調べてパス指定してもエラーでした。こりゃひょっとしてgcc本体がインストールされてないんじゃ?

apt-get updateやってからapt-get install gccでgccをインストールするとコンパイラのパスは見つかったようなんだけど、次は何やらツールがないのでインストールできないよ、って再びブー垂れました。

そこでウロ覚えの記憶を頼りに色々インストールを試そうとしたんだけど、そんなパッケージはねーよ(汗。最後に思い出したbuild-essentialをインストールするとこれは問題なくインストールされました。いざvmplayerでもう一度起動・・・

Screenshot from 2018-02-26 18-37-45-1
やったー!見慣れたコンパイル画面がでて終わると無事VMPLAYERが起動しました。

やったね(^^;。第1段階突破です。後は無事仮想マシンが起動できればUBUNTU18.04に期待が持てますわ。

 Screenshot from 2018-02-26 18-38-06-1
おっと途中経過を取り忘れた(笑。

ということで後追いなんだけどbuild-essentialをインストールしてる画面をキャプチャしました。下のコマンドラインはVMPLAYERパッケージをインストールした時の物です。

 次はLinuxBoxから既存の仮想マシンのコピーなんだけど、今日は(も?)ここで煮詰まりました(汗。sambaではlinux間ファイル共有ができないんだよね。相手から接続しようとするとワークグループがWORKGROUPになってて、そもそも共有にそんな項目がない!これはやっぱり相手Windowsマシンでの共有接続なんだろうね。

たしか以前床のUBUNTUBoxにはLinux間ファイル転送の記事に従ってコピーできたんだけど、今回は何故か接続拒否を喰らって接続できず。試しにSSHでログインしようとしても接続拒否。これは何かデーモンプロセスを起動しないと接続出来ないんかな?と言う訳でファイルコピーはまた次回となりました。以前何かおまじないやったかな(^^;。

2018.02.27追記:昨日はscpが出来ず頓挫して終わっちゃったんだけど、ホストLinuxBoxでsshコマンドを叩くと、sshサーバーはインストールされてねーよって、インストールするには以下のコマンド叩いてねって表示されたので取りあえずsshサーバーをインストールしておきました。それが効いたのか本日またUBUNTU18.04LTSをセットアップして今度はrcpを試してみました。最初エラーで怒られたんだけど、コマンドにはscpが表示されてたので、実際はscpでコピーするようですね。

Screenshot from 2018-02-27 19-07-09
縮小したので見づらいんだけど、rcpコマンドでようやくファイル転送が始まりました。

といっても仮想ディスクが"my virtualbox"というフォルダ内にあって名前にスペースが入っちゃってるんだよね。でダブルクォートで括っても言うこと聞かず、myとvirtualboxの2つのファイルをコピーしようとしてそんなのねーよ、ってブー垂れました。なのでちょっとグーグル先生にお伺いを立てたんだけどすぐには見つからず、面倒いのでホストLinuxBoxのフォルダ名をmy_virtualboxとスペースをアンダースコアに変えてコピーしてみました。でいきなりプレーンファイルじゃねーよってお叱りが(笑。-rを付け忘れでした(^^;。

ということで無事転送が始まったのが上の画像です。仮想ディスクが128GBの単一ファイルなのでさすがにコピーに時間が掛かったんだけど、さすがギガビットLAN同志ですね。おおむね90MB/sの転送スピードが得られてました。USB2.0ではせいぜい32MB/sだったので3倍近い転送速度ですね。それとカニさん同志なので相性は抜群(笑。

Screenshot from 2018-02-27 20-13-18-1
さてここでもハマりました(汗。

ファイルマネージャを2つ開いてコピーしたフォルダの中の必要ファイルをムーブしようとドラッグアンドドロップしたんだよね。そうしたら何と移動じゃなくコピーが始まりました。rcpでコピーしたフォルダは別ドライブ扱いなのかね?取りあえず面食らって3回目のトライでようやくコピーが始まりました。LinuxBoxの14.04LTSならコピーが始まると勝手に進捗ダイアログが出てコピー中って判るんだけど、今度のファイルマネージャでは上のメニューエリアに円グラフで進捗が表示されるだけで、クリックして進捗ダイアログを出さないとコピー中って判りませんわ。


Screenshot from 2018-02-27 20-39-59
仮想マシンを新たに作成しディスクを今回コピーした仮想ディスクに取り替えたら無事仮想マシンが起動しました。

ホストLinuxBoxとパスが違うのでそのまま仮想マシンをクリックしても起動出来ません。なので仮想マシンは新たに作成して、取りあえず仮想ディスクは適当な推奨値で作成しておきます。次に仮想マシンの設定で新たに作成したディスクを削除、次に新たにIDEのHDDを作成してそれをコピーした仮想ディスクを割り当ててやると使えるようになります。それで起動したのが上の画像です。アイコンの並びがグチャグチャなんだけど、並べ替えは面倒いので今回は省略(^^;。

何か処理が走ってて、タスクマネージャのCPU負荷が中々収まりません。暫く待って収まるのを待ちました。


Screenshot from 2018-02-27 20-57-28
CPU使用が収まったので、MPLABXでビルド時間を測って見ました。

ホストからのでかいファイル転送やらファイルコピーやらでメモリを一杯使ったのか、今回はシングルCPUでディスクキャッシュが効いてる状態でも20秒掛かりました。やはり再起動してメモリを綺麗にしてやらないと苦しいのかな?

以上、無事仮想マシンも起動できたのでUBUNTU18,04LTSでのVMPLAYERは問題なさそうですね。といっても4.15系のカーネルの正式リリースは4月15日のようなのでまだ安心は出来ないんだけどね(^^;。

以上、追記おわり。


では、また!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://amcmain1.blog84.fc2.com/tb.php/1229-449e41f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amcmain1

Author:amcmain1
 競馬ファンの皆様
 ようこそ!
amcmain1ことダメ親爺です。
当ブログでは予想行為は行いませんが、
統計データを提供することで、勝馬予想のお役に立てれば幸いです。

現在時刻

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

天気予報


     -天気予報コム-

アクセスをお待ちしています!

アクセス数が増加すると、ブログにも力が入ります!よろしくお願いいたします。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる