BLOG TOP
| 2018/07 |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

古い電源を引っ張り出してみた。今日もこれで息切れ(^^; :【電子回路】 2018/03/11
AsRockのgemini lakeペンティアムボードの発売にはまだ日があるのにこれといってやることもなく、漫然とNET記事を漁る毎日です。年内退去の断舎利をするため必要な物の選別を始めています。

ということで今回は死蔵している電源ユニットを取り出しました。部品棚の下の方に仕舞い込んでいたので取り出すのがまた大変。前の雑多を取り片付けてようやく取り出すことが出来ました。もうこの時点でヘトヘト(^^;。

20180311E1486撮影の1
久しぶりに買ったSeventeamのSFX電源です。

初めて買ったATX電源がセブンチームの250W電源で母艦の初代詰め替え電源として暫く活躍してました。その時の印象が良かったのでまたセブンチームのActivePFC付きのこれを買って初代atomのatomBoxに搭載して使っていたんだよね。所がある日突然調子がおかしくなって、現在のEnhanceのMityMite電源に交換しました。

20180311E1486撮影の2
何しろひどく古い少容量電源なので12V系が非常に弱い。

更に今では当たり前な24pinメイン電源コネクタも20pinなので箱の中には20P-24p変換ケーブルを買って詰め込んでありました。それと当時の症状を記したメモが1枚。

20180311E1486撮影の3
当時はまだ3.3Vや5V系が多くの電流を必要としていたので、この電源もその辺が多めに出力出きるようになってます。

おもしろいことに最初に買った電源もそうだったんだけど、この電源にもI/O補助電源コネクタが付いてます。といってもI/O補助電源が要るマザーなんて買ったこともないんだけどね(^^;。

20180311E1486撮影の4
メモを近くからパチリ。

日付を見るともうかれこれ10年前なんだね。他の電源も同じ頃買い集めたのでもう10年以上経ってるのか(笑。

不調になってすぐに中を開けて調べて見たんだけど、電解コンデンサの液漏れ等は見当たらず、何故不調になったのか原因は掴めませんでした。そういうことで症状だけ記載してありました。今考えるとActivePFCの制御回路辺りが怪しくなってたのかな?制御ICのリセット不良とかね。電源スイッチがないので一々ACプラグを抜き差しする必要があったので、面倒いので電源を変えちゃったのでした。

もうこの電源使う場所はないでしょ。まatom省電力マザーなら十分でも肝心の12V4Pコネクタを使わない(笑。

さて、次が問題の・・・

20180311E1486撮影の5
これが先日のデカPCケース内のGIGABYTEマザーと相性が出て起動しなかったFSPの400W電源です。

Owltechの名前が付くだけでお高くなっちゃうんだよね(笑。これもActivePFC付きです。

20180311E1486撮影の6
これも古いタイプで3.3Vや5V系が強い電源です。定格には一覧表じゃなく文字の羅列(笑。

これも8pin電源プラグが付いてました。

実はこれ次期母艦の電源詰め替え用にと確保しておいたんだよね。中を見ると如何にも安物スケスケ基板。なのでこれなら母艦の弁当箱電源ケースに収まるんじゃ、っと高いのに1台捕獲したのでした。遊ばしておくのももったいないと、デカケースに搭載してみたんだけど起動すらしませんでした。どうやらマザー起動時の大電流突入で電圧がドロップしてマザーの電圧検知回路が働いて電源落とすようです。

20180311E1486撮影の7
FSP電源に特徴的なケースへの友締め。

基板のスイッチングFETの放熱板はただの3mm厚位のペラッとしたアルミ板なんだよね。普通は風で冷却するので接触面積の大きい放熱器が付いてるんだけど、FSPの電源は合理的で好きなんだけど、放熱板をケースに友締してケース全体で放熱するんだよね。更に大きなケースに電源を取り付けるので、ケースまでも放熱器になるわけですね。

そういうことで、箱の中には詰め替え時の注意書きとしてその辺の注意がメモに残してありました。ま、まだ2代目詰め替え電源が元気なようで詰め替えしてませんがね(^^;。

以上、今度この電源も久しぶりに通電して活性化してみますね。

追記:えへへ、また行きますね(^^;。昼飯食べ終わったので早速通電してちょっと活入れしておくことにしました。放置時間が非常に長かったので、今回は面倒いこともあってHDDは繋がず、A-DATAのUSB3.0メモリに入れたandroid x86の7.1.1で起動を試しました。

20180311E1486撮影の8
今回もいきなりマザボの電源は入れず、電源ユニットの電源だけ入れて10分間放置しました。

いきなりコンデンサのパンという音もなく(笑、マザボの橙色のLEDが点灯したので最小限のスタンバイ電源は無事生きてるようでした。

基板右端の8pinコネクタは電源付属の8pinプラグを繋いでいます。


20180311E1486撮影の9
電源ユニット全体を1枚。

と言っても何の変哲もないパイロットランプ一つないそっけない電源なので詳しく写していません。これでマザボの電源スイッチを押すと無事androidが起動しました。ASUSのマザーなら起動時のちょっとした電源低下位なら寛容で落ちることはないようです。といってもCPUが35WのAPUでHDD負荷もないからね。明日はHDD繋いで起動できるか様子を見てみます。

起動後2時間程YouTubeで動画を表示させて少しだけ負荷を掛けてみました。不安定になることもなく無事動画を再生していましたわ。これで少しは活性化出来ただろうね。ちなみに2時間程動作させて電源ケースを触ってみたら、やはりケース全体を放熱器にしてるのでほんのりと暖かくなってました。ほんの気持ちだけなんだけどね(^^;。

以上、追記終わり。


では、また!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://amcmain1.blog84.fc2.com/tb.php/1233-8e544fc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amcmain1

Author:amcmain1
 競馬ファンの皆様
 ようこそ!
amcmain1ことダメ親爺です。
当ブログでは予想行為は行いませんが、
統計データを提供することで、勝馬予想のお役に立てれば幸いです。

現在時刻

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

天気予報


     -天気予報コム-

アクセスをお待ちしています!

アクセス数が増加すると、ブログにも力が入ります!よろしくお願いいたします。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる