BLOG TOP
| 2018/07 |
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

eBay購入の怪しげなUSB3.0の4ポートハブが届いたよ(^^; :【電子回路】 2018/03/22
何やらまた急に寒くなっちゃいましたね。AsRockのJ5005-ITXも待ち焦がれたのに肩透かしを喰らってこの所良い事ありませんわ(^^;RYZEN3 2200GをASUSのB350M-Aに載せるかと思ったら、これがm-ATXなのに内蔵USBピンヘッダがUSB3.0がソケットで2ポートあとピンヘッダが2ポート分しか出てないんだよね。ということでLinuxBoxではやはり2ポート不足(汗。それとAsRockのJ4105-ITXとRYZEN3 2200Gがほとんど同じ値段でこれまた悩みどころですわ(笑。

そうこうしてたら、本日郵便受けに黒い袋が投函されてました。直近購入したのはUSB3.0のいかがわしい4ポートハブだけなので、すぐにピンときました。

20180322E1486撮影の1
黒い袋はきちゃならしかったので、中身だけ撮影しました。

ビニール袋に無事破損もせずハブ本体と接続ケーブルが入ってました。ケーブルは扁平ですね。

20180322E1486撮影の2
袋から取り出して1枚。切り離しスイッチが各ポートに付いてるいかがわしさ満載のハブですね。

これeBayで4.77US$、PayPal支払いが524円でした。

amazonで買うと結構高くなっちゃうんだよね。7ポートなんて欲張りなACアダプタ付きの同種のハブの評価を見たらボロボロ(笑。

20180322E1486撮影の3
ハブ本体との接続コネクタです。

購入する時心配だったのがこの扁平な特殊コネクタだったんだよね。これってUSB3.0規格に合わせて規程されたものなのかね?万一接触不良とかなると一般的に手に入る物かな。

長さはケース背面から取るとちょっと短い感じです。

20180322E1486撮影の4
心配したACアダプタの給電口もありました。

安価なのでバスパワー専用に給電口がメクラ蓋だったらやだなっと思ってたんだけどちゃんと給電ジャックがありました。ま、働くかどうか心配なんだけどね。

20180322E1486撮影の5
早速ACアダプタ繋いで動作試験です。

えへへ、実はPCNETさんで購入したジャンクのUSB2.0フルスピードのセルフパワーハブを持ってたんだよね。そのACアダプタがそのまま使えるんじゃないかと期待してたんだけど、挿してみたら期待通りピッタリでしたv(^^;。

このACアダプタ5V2.5A出力できます。手持ちの4ポートハブでは500mAx4に自身のコントローラへの給電で2.5Aになってるようです。

このハブもUSB3.0だから各ポート900mAなんて期待してはだめですよ(笑。基本的にACアダプタ付きで売られてるアダプタは2.0A出力なので、給電能力的には従来のUSB2.0並の各ポート0.5Aと考えた方がいいでしょう。

そもそも各ポート0.9Aで4ポートなら9Vとか12V給電で内部バックコンバーターで4A出力位の5Vを生成して電圧コントロールして電圧低下を抑える必要があるからね。当然発熱も大きくなるのでしっかりした放熱のいいケースの収める必要があるので、当然高価になりますね。

20180322E1486撮影の7
いきなりUSBポートに繋いでUSBポートが壊れたら嫌なので(笑、まずACアダプタだけで通電してみました。

無事各ポートのインディケーターLEDも点灯。本体のLEDも点灯してました。

20180322E1486撮影の8
いきなりポートにUSBメモリ挿すのも怖いので(笑、USBドクターで各ポートの出力電圧をチェックしました。

4ポートともまともな電圧が出ていて一安心。試しにスイッチをオフするとUSBドクターの電源がなくなり消灯しました。

20180322E1486撮影の9
それではと、LinuxBoxのUSB2.0ポートに繋いでUSB3.0メモリの読み出し試験をやってみました。

ハブ自体も無事認識。4ポートともUSBメモリの内容を表示できました。試しに電源オフからスイッチONでも無事メモリを認識して内容(フォルダ)が表示されました。

20180322E1486撮影の10
最後にバスパワー動作を見てみました。

ACアダプタを抜くとLinuxBoxのUSBポートから給電されるので、電圧が低下して(元々低いんだけど)4.89Vになりました。

ま、これでフルスピードのハブともお別れして少なくともハイスピードのハブとして動作することは確認できました。あとは初期故障ですぐに壊れると嫌なので暫くUSB3.0ポートに繋いで慣らし運転してみます。

追記:本来のUSB3.0ポートに繋いで安定動作するか試してみました。

20180322E1486撮影の11
店開きするのがたいそうなので、今回は床に転がしたAsRockのH110な変態マザーで試してみます。

このマザー変態なので、何とUSB3.0ポートがK/BとマウスのPS/2コンボポートの下に位置してるんだよね。なのでPS/2のK/B・マウス-USB変換ケーブルと今回購入したハブが隣接して刺さっています。

ハブは外部電源のACアダプタ駆動しました。ハブへの接続対象はUSB3.0接続のSSDで、android 7.1.1 x86-64がインストールされています。ハブポートは一番遠いポートでテストしました。

で結果なんだけど、ちょっと不安定でした。接続が切れるとかじゃなく、いきなりリセットが掛かっちゃう感じなんだよね。認識自体は特に問題なく起動時のF11連打で起動メニューでてちゃんとUSBのSSDを認識していて問題なくandroidが起動するんだけど、最初の1回目はデスクトップ表示して暫くするとリセットが掛かったのかandroid文字を表示してその先進まず。でも固まった訳じゃなくちゃんと文字の輝度変化をやっててOS自体は生きてる様子。何がいけないのか良く解らずとりあえずリセットボタンで再起動しました。2回目は丁度更新が来ていて1個目の更新でまたいきなりリセット掛かりました。3回目でようやく少し落ち着き、無事19ヶの更新を終えました。ということで読み書き自体は一応できてることは間違いないですね。速度も特に引っかかりを感じることはなく直接USBポートに挿したのと違いは感じられませんでした。

そうこうしてる内にちょっとゲームを試して見たんだけどゲーム中は問題なかったのに、終了させようと最小化ボタンを押した途端画面上からデスクトップが消滅して左上でカーソルが点滅するだけの真っ黒画面になっちゃいました(汗。K/BのNUMロックキーを押すとちゃんと反応するのでOS自体はやはり生きてる見たいですね。その後もう一度起動してアングリーバードやって見たんだけど、今度は安定してパワーオフまで行けました。少し馴染んできたのかな(^^;。

以上、まだまだ検証が要るみたいです。追記おわり。


追記:amazonで調べたら同じ物が888円で売られてました。それによるとコントローラーはGL3520らしいです。ジェネシスのコントローラらしいですね。カードリーダーでスマメを読めなくしてくれた苦い思い出(^^;。おわり。

では、また!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://amcmain1.blog84.fc2.com/tb.php/1237-92243116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

amcmain1

Author:amcmain1
 競馬ファンの皆様
 ようこそ!
amcmain1ことダメ親爺です。
当ブログでは予想行為は行いませんが、
統計データを提供することで、勝馬予想のお役に立てれば幸いです。

現在時刻

グラフ ィカルとけい
ioi.toot

天気予報


     -天気予報コム-

アクセスをお待ちしています!

アクセス数が増加すると、ブログにも力が入ります!よろしくお願いいたします。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる